読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマムシンプルな毎日ログ

シンプルでミニマムな生き方に憧れています。趣味は読書。

【引っ越し】理想の家に引っ越すコツ

心地よい家づくり

住むところは絶対に失敗したくない!

 

  私は失敗しました

f:id:hibikoujou:20170118222152p:plain

現在住んでいる家に引っ越したのは2年程前です。かなり焦って引っ越してしまったせいもあり、周辺の平均家賃よりもやや高めの家に決めてしまいました。流れとしてはこんな感じ。 

 

下調べをせず、いきなり不動産屋さんと内見周り⇒不動産屋さんのオススメの街へとりあえず行ってみる⇒家の内装に惚れて即決!

さらに、あと調べると周辺の家賃相場より、なんと3万円も高い!確かに築浅でキレイでお洒落な内装ではあるものの。駅周辺自体は不便でとっても住環境が悪かったです。本当に反省しました。

 

失敗を生かして再チャレンジ

今回は目的をはっきりと決めて、妥協しない!をテーマとしました。さて、私の夢は兼ねてから憧れの都心のオシャレな街(ミーハーですみません)に住む事でした。しかし、家賃はそんなに出せないし、かといって激古アパート物件も嫌だな…。今回は、焦らずに半年間くらい希望の条件で毎日物件をチェックしました。

 

以外とお宝物件ってあることに気づいた

すると、以外とお宝物件が出てくる事に気づきます。もちろん家賃平均はあくまでも平均なので、下げている物件もあるんですよね。ということで、築浅で安めの家賃の物件があれば速攻問い合わせをするものの、やはり人気物件はすぐに決まってしまいます。

 

こんな事を繰り返し、先日やっと…!!予算内で昔から住みたかった憧れの街の物件へ申し込む事が出来ました(涙)その街の平均家賃より6万円ほど安い家賃です。しかも憧れのデザイナーズ物件。少しだけ駅から歩きますが、便利な駅なのでそこは我慢。

 

お部屋探しも、先に条件を定めることが大事

やはり、何事も目的を持って行動すれば案外叶うものだな、と思いました。なんとなく探しながら決めるのではなく、絶対ここに住む!住むにはどうしたらいいいか?を考えながら行動する事が大切でした。そんな事をお部屋探しから学んだというお話です。

 

まとめ

・引っ越しに失敗しないコツは、先に条件(家賃・場所等)を定めること。

・時間に余裕があるのであれば、希望の条件で毎日新着物件をチェック。

・お宝物件は必ずあります!見つけたら速攻で内見に行きましょう!ここは時間勝負です。