ミニマムシンプルな毎日ログ

シンプルでミニマムな生き方に憧れています。趣味は読書。

新卒入社1年で退職した私から、就活生に伝えたいこと3つ

失敗した私から

f:id:hibikoujou:20170216133356p:plain

今年の就職活動も始まり街で初々しいリクルートスーツの学生を見る機会も増えてきました。失敗した私だからこそ伝えられる、就活生の皆様へのメッセージです。

 

新卒入社した会社を1年で辞めた私

私は、バリバリの文系でありながら大学卒業後大手システム会社に入社しました。職種はシステムエンジニアです。しかし、1年で退職してしまいました。理由は軽度の”うつ病”です。

 

残業は月100時間越えで、慢性的な睡眠不足が続く毎日。必至に努力しているのに仕事は先輩のように出来るようにならず。(今思えば10年の差があるのだから当たり前)職場の雰囲気は最悪で、出社してから退社するまで一瞬も気が休まりません。昔ながらの社風で、相談できる上司もいなくどんどん追い詰められていきました。

 

とはいっても、就職氷河期を乗り越えて入社した会社を退職するにはすごく抵抗がありました。新卒入社した会社を辞めるなんて、当時の私には本当にありえないことだったのです。「辞める」という選択肢を持ちながら、働いていればもう少し気が楽だったかも。「辞められない」と思いながら、この労働環境で働いていたらどんどん追い詰められて行きました。自己否定の気持ちがどんどん強くなっていき、私は人として何か欠陥があるのではないか?とさえ考えるようになっていました。

 

「辞めたいです。」と初めて報告をした日「大丈夫!あと10年やれば出来るようになるから!」と上司に言われた時自分の中で何かが弾けました。「あ、もう辞めよ。」と本能的に感じたのです。

そもそもなぜ入社した?

私は、中高生の頃から良い大学に行って、良い企業に勤めたい!と漠然と考えていました。受験は上手くいき、志望校に無事合格。しかし、そこで安心してしまったのです。あとは大学のネームバリューでなんとかなるだろうと。4年間ひたすら遊びまくりました。その後、就職氷河期と共に就活が始まります。

 

専門的な技術を持てることができて、安定した会社に所属したいと考えてた就活期。ならSEじゃない?!と安易に考えた私は聞いたことのある企業にエントリーしまくりました。その中で、唯一内定を頂けたのがこの1年で退職した会社であったのです。

私に足りていなかったもの

 今思えば、総じて「バカたれ!」と一括してやりたいです(笑)確かに労働環境は悪かったが、1人前になるのに10年かかる仕事なんていくらでもあります。それに、入社の動機が「安定した会社だから」「専門的な技術が身に付けられそうだから」ってなんじゃそりゃ。「安定」って何?それで、あなたは何したいの?昔の自分よ・・・もっとよく考えて。

そんな私から、就活生に伝えたいこと

1.「〇〇になりたい!」ではなく、その先にある「〇〇をしたい!」を考えて

 例えば「教師になりたい」ではなく、”教師になって、日本の歴史をしっかりと子供達に伝えたい。教育こそが平和な世界を作る土台だから。”という風に考えるようにする。こう考えるようにすることは、実は自分のためであったりもします。なぜならば目的をしっかりと考えることで働き方の選択肢が増えるから。前例の場合「子供達にしっかりとした歴史を伝えたい」ということが目的であるのであれば、手段は学校の教師だけでなく塾講師でもよし。自分が歴史研究科になって、メディアで子供向けに情報を発信したり、NPO法人を立ち上げてもよいのです。

 

2.会社に所属することは、目的ではなく手段である

私はただ「システムエンジニアになって安定したい。」という志望理由で、その先の「〇〇したい」を考えていませんでした。目的が企業への所属なので、入社した会社にしがみついてしまいました。どんなに劣悪な労働環境であろうと、社風が自分に合わなかろうと自分を殺してしがみつきました。しがみつき続けたら、身体を壊しました。

 

上項目でも伝えたように働く目的を考えることで、働き方の自由を手に入れることが出来ます。病気になったとしても、子供を産むことになっても、目的さえしっかりすれば、働く手段は自分次第です。 

3.やりたいことがないのであれば、とりあえず就職もアリだと思う

とは言っても、やりたいことなんてそうそう見つからないというのが本音だと思います。まだ20前後の学生で、いきなりやりたいことを決めて就活しろ!と言われても困ってしまう気持ちよく分かります。少々無責任な言い方かもしれませんが、一旦よさそうだなと思った会社へ入社して働いてみるのもひとつの手です。どういう仕事があって、どういうことができるのか。働いて初めて知ることはたくさんあります。

 

今の時代自分のやる気さえあれば、転職もいくらでもできます。ダメダメな私でも努力次第で、転職活動時に新卒の時よりも多くの内定を頂けたこともありました。

 

まとめ

・働く目的を考えることで、働き方の選択肢が増えます。

・目的が定まらないのであれば、一旦社会へ出てから探すのもアリ。すべては自分次第です。