ミニマムシンプルな毎日ログ

シンプルでミニマムな生き方に憧れています。趣味は読書。

【無印良品】超音波アロマディフューザー・アロマポット比較

香りのある暮らしを求めて

休日も家で過ごすことの多い我が家。癒しを求めて香りのある部屋づくりをしています。そんな我が家で活躍している無印良品でも人気の「超音波アロマディフューザー」と「アロマポット」を比較してみました。

f:id:hibikoujou:20170806123935p:plain

 

アロマポット

f:id:hibikoujou:20170806124136p:plain

税込み735円とかなりお手頃価格です。サイズもコンパクトでどんな場所にも置くことが出来ます。見ての通りキャンドルに火を灯して、上の容器部分のアロマを香らせるしくみとなっています。

f:id:hibikoujou:20170806124400p:plain

キャンドルは専用のものが必要で、こちらは36個入り税込み615円で買うことが出来ます。

 

超音波アロマディフューザー

f:id:hibikoujou:20170806124616p:plain

無印の超音波アロマディフューザーは小さいサイズと大きいサイズがありますがこちらは大きい方となります。定価は6900円でした。こちらは電気アダプタにつなぐタイプで、中に水とアロマを数滴垂らし超音波によるミストで香らせる仕組みとなっております。

 

ライトとしての機能もあり、明るさは2段階調節可能です。

 

色々比較してみました

安全面:超音波ディフューザーアロマポット

やはりアロマポットは火を使うので、眠りにつく際には不向きです。ちょっと部屋を不在にする時にも目を離すのは危険です。安全面ではディフューザーの方が良いかと。

 

香りの強さ:超音波ディフューザー<アロマポット

こちらはアロマポットの勝ちです。あくまでも個人の感覚ですが、アロマポットの方が比較的香りが強く感じられます。ディフューザーですとかなりアロマオイルを垂らしても香りが弱めな気がします。

 

コスパの良さ:超音波ディフューザー=アロマポット

引き分けです。超音波ディフューザーはお高いですが、ライトとしての機能も果たしてくれます。そして香りは強くなくともミストは見ているだけで癒される・・・。アロマポットは1000円以下とお安いですが、付属のキャンドルを買い続けなければいけないこと。アロマポットの機能しか果たしていないことを考えると値段相応かと思います。

 

まとめ

・どちらもメリットデメリットはありますが、香りの強さを求める方にはアロマポットがおすすめです。

・小さなお子さんやペットのいる方など、安全面が気になる方はデフューザーをおすすめします。