ミニマムシンプルな毎日ログ

シンプルでミニマムな生き方に憧れています。趣味は読書。

【ミニマリスト】自分に似合う服を知る方法は、ずばり〇〇!

自分に似合う服を知る近道とは

洋服の数をミニマム化したい。自分なりの購入の判断基準を持ちたい。・・・そんな時にいつも「自分に似合う服」を把握できていたらどんなに楽かと思います。自分に似合う服を知るための近道についてのご紹介です。

 

様々なファッション本で紹介されている、ずばり「自撮り」

自分の中に客観的な視点を

「好き」と「似合う」を一致させるには、自分の中の「客観的な視点」が欠かせません。これを確かにするおすすめの方法は、毎日のコーディネートを自分撮りすること。 

 

自分の体型を知り、体型をカバーする

できれば、全身を写真に撮ってみるのがおすすめです。今はスマホのように簡単に撮影できるものがあります。タイマー機能を使って、全面、背面もとってみてください。鏡で見て「かっこいい」と思っても、写真に撮ると違って見えませんか? これが、他人から見た自分の姿なのです!

 

自撮りの効果を検証してみました

①似合わぬショートブーツのムダ買いを防げた

 

毎日自撮りをしていてこの年にして初めて気づいたこと。「私・・・ふくらはぎ太い!?」画像を見て愕然。実は冬に向けてショートブーツが欲しいと思っていた矢先でした。

 

そんなムダ買いにストップをかけることに成功。そんなこんなで毎日の自撮りを見ていて足が太いということでなく、パンプスを履いている時が一番細く見えることにも気づけました。これからは似合うパンプスだけを極めたいと思います。

f:id:hibikoujou:20171108181110p:plain

※左はショートブーツを想定して塗ってみました・・・ふくらはぎ目立つ!

 

②好きな色が自分の雰囲気とちぐはぐであることに気付けた

 

個人的にグレー、白、ネイビーといったモノトーンが好きで、モノトーンな服をシックに着ている”つもり”になっていました。ところがどっこい、自撮りを眺めていると漲る「違和感」。そうでした、私はスプリングタイプで髪色も明るめの茶髪。

 

服装の色合いと首から上がちぐはぐで全体的に統一感がない!服の組み合わせを眺めることだけでは気付けませんでした。パーソナルカラーを考慮したワードローブ作りを再考したいと思います。

 

「佐々木希 ユニクロ」の画像検索結果

https://www.oricon.co.jp/news/2079173/photo/4/

 ※スプリングタイプの佐々木希さんも、ダークトーンだとせっかくの魅力が・・・

 

③髪型の重要さ

ちょっと前までダークトーンのロングヘアでした。しかし最近ミディアムヘアーの茶髪に髪型を変えています。そこで過去の自撮りと比べてみると明らかに全体のバランスが良くなっている。

 

大人になって、丈の長いスカートやパンツをはくことが多くなりました。そうすると低身長の私は髪の見た目の印象を出来るだけ”軽く”することが重心を上に持っていくことができます。以前のようにロングヘアのままでは”重たい”印象で下重心になり全体のバランスが良くありません。

 

f:id:hibikoujou:20171109095754p:plain

 

全身鏡を見ているだけでは過去の髪型と並べて見比べることができません。自撮りをしていて良かったです。 

それでも自撮りは恥ずかしい・・・?

私も最初はとても抵抗がありましたが、続けていくうちに恥ずかしさを打ち消す効果に気付き頑張ろう!と思えるようになりました。ちょっとした小技ですが、スマホの端末に残しておくとバレたらとっても恥ずかしいのでgoogle photoに専用のアルバムを作りそちらに保存するようにしています。

 

まとめ

自分を客観視できる自撮りはめんどくさいけど続ける価値はあります!これからも自分に似合う服を取捨選択して、ミニマム化するために続けていこうと思います。